新型出生前診断の適用対象について解説!

新型出生前診断の年齢制限

当サイトでは新型出生前診断に関する情報を掲載しています。
診断を受けられる年齢についての情報を探している人にもおすすめです。
また出産を控えていても受けない例もあることや、受検が可能な年のボーダーが35歳であること、さらに診断の対象から外れている人が、この検査を受けた場合の結果はどうなるのかなどの気になる情報も扱っています。
加えて若い人が受けられる施設や、年と診断の方法に関する内容も扱っているサイトです。

新型出生前診断を受けられる年齢は?出産を控えていても受けない例もある

新型出生前診断を受けられる年齢は?出産を控えていても受けない例もある 胎児の異常を確認しておきたいために新型出生前診断を受けることを検討している人もいるでしょう。
その際、受けられる年齢が気になることもありますが、この検査の対象となっている妊婦さんは出産予定日の年齢が35歳以上の人です。
そのため出産予定日が35歳に満たない場合には、この検査を受けることを希望していても対象外となってしまいます。
また今までに妊娠や分娩で13・18・21の染色体異常がなかった場合や、妊婦や夫が染色体転座保因者でない場合も受けられません。
それに加えて胎児が染色体異常である可能性もないなら、出産を控えていても対象外です。
13・18・21以外の染色体異常の可能性がある場合も、新型出生前診断でなく他の検査が必要です。

年齢が高齢だとリスクも高くなる!新型出生前診断のメリットとは?

年齢が高齢だとリスクも高くなる!新型出生前診断のメリットとは? 晩婚化の流れや女性の社会進出という時代背景も関係しており、35歳以上の高齢出産が増えています。
近年40歳を超える出産も増えている傾向がありますし、医学の進歩に伴いそれも実現できているということもありますが、様々なリスクを伴います。
その一つに胎児に何かしらの障害が出てしまう事もあげられます。
ダウン症や心肺機能などもありますし、遺伝子レベルで不具合が生じることも想定されます。
通常の妊婦健診ではそういったことまでは詳しく調べることが出来ませんが、出生前診断では羊水の検査や絨毛検査によって確定的な判定を行うことが出来ます。
しかし流産や死産のリスクも少なからずともないます。
今注目されているのが新型出生前診断です。
従来の方法とは異なり、血液検査によって行う感度の高い検査方法ですので流産や死産などのリスクはなく安心して受けることが出来ます。
年齢的に不安があるという方や、障害がある事を出生前に知りたいという事で受ける方が多いです。
新型出生前診断は、本来は心構えとして受けたいという方のためのものです。
日本では障害があると分かって中絶をすることは基本的には認められていません。
しかし検査を受けた所と異なるクリニックで中絶をする際に、他の理由を伝えれば中絶が出来るということもあって、それが理由で中絶をしている方がいるのも現状です。

新型出生前診断の評価はどのようでしょうか

現在新型出生前診断(NIPT)を受けている人が増えていて、新型出生前診断とは妊婦の血液を採取して、その中の胎児のDNAを調べる検査のことです。DNAは遺伝子情報があり染色体の細胞のなかに含まれています。この染色体を調べることにより染色体が異常かどうかを胎児出生以前にチェックできます。
新型出生前診断で検査対象になるのはトリソミー21(ダウン症候群)やトリソミー18(エドワード症候群)、トリソミー13(パタオ症候群)です。従来は胎児出生以前に妊婦の血液検査で、胎児が異常であるかを調べていましたが、この検査法だと精度性に欠け、また妊婦に対してリスクがありました。新型出生前診断で検査すると精度が高くて母体のみのチェックなので、赤ちゃんに対して安全です。この検査の評価は高いのでNIPTの使用が多くなっています。
NIPTは妊娠10週から検査が可能で、母親の腕から採血します。この検査法の料金は医療施設によって異なりますが、20万円前後かかります。

新型出生前診断の不安に対する心構えについて

現代医学や科学の急速なる進歩により、新型出生前診断が日進月歩のごとく行われるようになりました。妊婦さんやご家族の不安解消のため多くの人が利用出来るようになりました。
一昔前までは、男か女か性別もどちらが生まれるかがわからなかった訳ですがとても素晴らしいことです。しかしながら、新型出生前診断が出来るようになり、先天性異常の障害の有無などが妊娠初期の早い段階から分かるようになり、妊婦や家族の判断で育てられない等の理由により堕胎するなど、新たな課題や問題が出てきています。
生命倫理や生命学の領域でも意見が分かれるところですが、五体満足ではない赤ちゃんや障害などをもってこの世に生を受けた赤ちゃんを育てる環境は、この日本ではまだ不十分であると考えます。福祉や社会保障制度など国の政策は徐々に良くはなってきていますが、まだ充分とは言えないのが現実です。多くの妊婦さんが不安なく安心して産めるような充実した環境整備を一刻も早く出来ることが望まれます。

NIPTに関する情報サイト

新型出生前診断後のフォローも充実

新着情報

◎2021/3/4

染色体疾患が検査できる
の情報を更新しました。

◎2021/1/5

ダウン症のチェック
の情報を更新しました。

◎2020/10/27

診断方法は年齢問わず同じ
の情報を更新しました。

◎2020/8/3

若い年齢でも受けられる施設
の情報を更新しました。

◎2020/06/15

サイト公開しました

「診断 年齢」
に関連するツイート
Twitter